ミュージックライブ

ミュージックライブの開催される場内や踊るための広場などにある大音量スピーカーのすぐ近くで大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる事を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言う事を御存じですか?「ストレス」というのは、「消すべき」「取り去らなければいけない」と思われがちですが、実際は、私たち人間はこうしたストレスを経験するからこそ、生活していく事に耐えられるようになっているのだ。

ミュージックライブの開催されるホールや踊るためのクラブハウスなどに据えられている特大スピーカーのすぐ側で大音量を聞いて難聴になる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼んでいるのだ。

全身に存在するリンパ管に沿うようにして進む血の流動が鈍くなると、栄養や酸素(O2)が隅々まで運ばれにくくなり、結果的には不要な脂肪を多く着けさせる大きな因子のひとつになります。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短く、大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されるのだ。

が、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけたりして、皮ふに悪影響を与える事が明らかになっているのだ。

ポリフェノール最大の長所は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは異なっていて、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を対策する作用に優れているのだ。

思春期は終わっているのに発生する難治性の“大人ニキビ”の患者さんが増えているようだ。

10年間この大人ニキビに四苦八苦している人達が専門の皮膚科にやってくる。

殆どが自らの生活習慣が原因の2型に対して、1型糖尿病という病気は、膵臓に在る血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまう事によって、結果として膵臓からインスリンが微々たる量しか分泌されなくなってしまって発症に至る自己免疫性のタイプの糖尿病なのだ。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を下げたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす悪い物質を体の内側で解毒し、肝臓の動きをより強化する性質が確認されている様だ。

下まぶたに大きな弛みが出た時、男女関わりなく年齢よりもだいぶ上に見えます。

皮ふの弛みは色々ありますが、中でも殊更目の下は目立つ部位です。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために作用する様々な酵素や、細胞・組織などの代謝に欠かせない酵素など、200種類以上もの酵素を構成する成分としてなくてはならないミネラル分なのだ。

「いつも時間がない」「粘着質な人との付き合いが多すぎる」「先端技術や情報の進化に追いつけない」など、ストレスを感じやすい元凶は人によって異なります。

塩分と脂肪分の過剰の接収を避けた上で自分に合う運動を心がけ、ストレスのかかり過ぎないような毎日を意識する事が狭心症の原因となる動脈硬化を未然に防止する手順です。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンなどを利用すると響いているというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。

内臓の脂肪の多い肥満と診断され、脂質過剰、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2つ以上に合致するような健康状態を、メタボリック症候群(内臓の脂肪症候群)と称しているのだ。

めまいは出ないのに、長く続く耳鳴りと難聴の症状のみを幾度も発症する症例を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という病名で診断する事例があるとの事です。

軟部組織マニプレーションというのは周辺の筋肉や骨格が災いして位置が合わない内臓を元来収められていなければいけないポジションにもどして内臓の作用を良くするという手当なのだ。

くも膜下出血(SAH)は90%近くが「脳ミソ動脈瘤」と言われる血管が変形してできる不必須な瘤(こぶ)が裂ける事によって発症する深刻な脳ミソの病気だと多くの人が知っている様だ。

マスクが欠かせない花粉症とは、山の杉や檜、松、ブタクサなどの様々な植物の花粉が元凶となって、クシャミ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を発症させる病気だと言う事では、今や常識となりました。

現在のオペ室には、便所や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を作り、オペ中に患者様を撮影できるX線装置を準備するか、そうでなければ近距離にX線装置の専門室を備えるのが一般的だ。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が主因で引き起こされる発疹・発赤で、皮脂分泌が乱れる原因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンのアンバランス、ビタミンB群の枯渇等が関わっている様だ。

花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが素因になって睡眠不足になり、翌朝起きてからの行動に芳しくないダメージを与えるかもしれません。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常が原因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌が乱れる主因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンB群の慢性的な不足などが考えられるでしょうね。

ジェネリックという薬剤は新薬の特許が無くなった後に売られ、新薬とまったく同一の成分で負担が少ない(代金が高価ではない)後発薬剤の事をいいる様だ。

現在のオペ室には、W.C.や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を併設し、オペ中に撮影できるX線装置を備えておくか、そうでなければ近辺にX線装置の専門室を準備するのが慣例だ。